2018年12月1日(土) 快晴の埼スタです。

キックオフの3時間30分前からミーティングが始まるので、今日は10:30から今季Jリーグ最終戦のスチュワード活動開始です。

ミーティング終了後は、各配置場所に移動してお客様を迎える準備をします。

本日のスチュワードは48名。
各インフォメーションは笑顔でお迎えしています。


南ウエルカムインフォメーション。
浦和美園駅から歩いて、埼スタのゲートをくぐると真っ先にお迎えしているインフォメーションです。
試合が始まる前までの限定インフォメーションです。

試合が始まっても活動は終わりではありません。
その後は、再配置で、人手の薄いところや別のインフォメーションへ移ります。

今季からはじまった「ハーフスチュワード」を希望した人がいるときは、この南ウェルカムインフォメーションで活動してもらいます。
IMG_20181201_111521

南サイドインフォメーション。
ここは授乳室の鍵も預かっているので、主に女性が担当しています。
ビジターのサポーターの方からの問い合わせもあるので、お客様との交流の多いところでもあります。
IMG_20181201_112024

ベビーカーの預かりもインフォメーションの業務の一つです。
お客様が来場されるとこんな感じになります。
今日は、お客様が多く日中の試合なので、ベビーカーも多めです。
48台お預かりしました。
20181201南サイド 48台


メインアッパーインフォメーションです。
ここは、ビジター用の指定席が近くにあるので、ビジターのサポーターでお子さんを連れた方も、ベビーカーを預けに来ます。
IMG_20181201_113536

後ろにはずらっと並んだベビーカー。この日は31台お預かりしました。
201812021メインアッパーIN31台

バックアッパーインフォメーション。
ここは、エレベーター前にあり、試合開始前にはお客様が途切れることなく、エレベーターで上がってきます。
「こんにちは!」とご挨拶するのも業務ですね。
(ガラス越しなので、夏場は実は暑いところです)
IMG_20181201_133703

バックロアーインフォメーション。
インフォメーションは黄色のビブスを着用していますが、席案内等を対応している緑色のビブスを着用しているスチュワードがいるときは、順番に休憩を取っているときです。
IMG_20181201_112256

バックロアーインフォメーションでお預かりしたベビーカーは38台でした。
車いすもベビーカー同様にお預かりすることもあります。
バックロアーINベビーカー38台


メインロアーインフォメーション。
ここは、隣にREXCLUBのポイント付与のブースがあります。
IMG_20181201_113146

通路が少し狭くなっているところにあるので、ベビーカーが多くなると二か所に分けておくとこもあります。
今日はこんな感じでした。
20181201メインロアーIN②

20181201メインロアーIN24台①

北門インフォメーション。
ここは、隣がチケット販売の窓口です。
シャトルバスでお越しのお客様は、こちらの前を通って北門から入場されることが多いのでは。
他の配置場所と違うのは、休憩もインフォメーション内で済ませることが多いことでしょうか。
IMG_20181201_114649

控室の担当もいます。
スチュワードのお弁当や飲み物、控室全体の管理をしています。
スチュワードはここでお弁当を食べるので、一番スチュワードと交流できる配置場所ですね。
IMG_20181201_115041

そして、本部担当。
チーフスチュワードが使う無線での問い合わせは、すべて本部に集まります。
必要があれば、浦和レッズの運営本部、警備、チケットぴあ、埼スタへ確認を取り回答します。
試合始まると、無線の動きも落ち着くので、順番に休憩(お弁当)時間。
IMG_20181201_141211

今季も新たなスチュワードの仲間が増えました。
年齢も職業もバラバラですが、みんな楽しんでスチュワード活動をしています。
「今季はできなかったけど、来季はやってみようかな」と、思った方は是非、体験スチュワードにお申し込みください。
すでに、来季の体験スチュワードのことも話し合っています。
気になったら、事務局までお問い合わせください。

本日のリーグ最終戦で、今季の埼スタホームゲームのスチュワード活動は終了ですが、この後もスチュワード研修会やさいたま国際マラソンボランティアの活動があります。
活動の内容はブログで報告します。


本日の平川選手の引退セレモニーで…
スピーチ内のお礼の言葉の中に「後援会」「スチュワード」が含まれていていました。
思いがけないことだったので、うれしかったですね。
平川選手、こちらこそありがとうございました。
そして、おつかれさまでした。